スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス発散

未分類
12 /22 2011
ヾ(●´ω`●)こんばんはぁ♪ マクダです。

さて、久々にブログを書くわけですが、その理由はストレス発散。

先日、かなり嫌な目に会いまして、しばらくしてもストレスの元となっているのです。
その嫌な事というのは、酔っぱらいに絡まれただけなのですが、嫌な気分にさせられるわ、無駄な金は使わされるわと散々でした。
もし、その時に録音できる機器を持っていたら全部録音して、名誉毀損で訴えてますね。
ソレぐらい頭にきてるのです。

当時の状況を徒然と書いていきます。
まあ、タイトルにもあるようにストレス発散のための殴り書き&愚痴なので、
基本的には以下は読まなで戻られたほうがいいと思います。
さて、17日の夜、嫁を迎えに車で駅まで裏道を走らせていたところ、突き当たりの角を自転車が2台曲ってこちらに向かって来ました。

自転車が来たので、少しスピードを落とし走っていたところ、1台は脇を通り過ぎたのですが、もう一台が車の前に自転車を止めてこちらを睨みつけてきます。

私は邪魔だなーと思いながら車を止めていたら、いきなり相手が怒鳴り始めました。

相手「お前、頭おかしいのか? ずっとライトを上向きにしやがって!!」
私「( ゚Д゚)ハァ?」
相手「お前、自閉症か?引きこもりか?お前が親に頼って生活してる時にこっちは汗水垂らして税金納めてるんだよ!!」
相手「車降りろよ!」

いきなり人を頭おかしい扱い。しかも自閉症とか言ってくるし。なんでしょう、この人は自閉症の人は頭がおかしいと思ってるのでしょうか?もしそうだとしたら、自閉症の人に失礼すぎる気がします。

私「あの、ずっとライトは下向きでしたけど・・・」

相手「あー、なんだ文句あるのか?警察呼ぶか?」

私「あ、警察呼んだほうがいいですか?」

相手「ああ、呼べばいいだろ!」
相手の連れ「おい、やめろよ。別にライト上向きじゃなかったぞ」
相手「こっちが嫌な思いさせられて」

かまってられないので、速攻110番に電話です。
私「スイマセン。警察ですか?酔っぱらいに絡まれて困ってるんですけど・・・」
警察「今どのあたりでしょうか?近くに看板や標識はありませんか?」
私「えっと 近くに特に看板とか無いんですけど」
警察「表札でもいいですから有りませんか?」
私「えーっと、ちょっと待って下さいね」
私が車を降りて表札を確認しようとしたところ
車のドアの前に陣取っていた相手の自転車にすこしかすりました。

こっちが文句を言いたいところですが、なんと
相手「やめてくださいよ。ぶつけたりしないでくださいよ」

私はもう相手にする気力が無いので、電話に集中して
私「◯◯さんの前です。」
警察「◯◯さんですね。殴られたりはしていますか?」
私「今のところ大丈夫です。」
警察「すぐに行きますので」

といった所で電話をきると。。。

相手の連れ速攻でいなくなってます。
まあ、わざわざ厄介ごとに関わる必要はないですからねー
私でも逃げたくなりますわ。まあ、相手にもよりますけどこの人はよっぽど人望が無いんでしょうな。
なにせすぐに連れが逃げるんですから。

そして警察が来るまで相手の尋問にさらされました。

相手「あんたどこに住んでんの?名前は?」
私「あなたに答える必要無いでしょう。」
相手「私 トーゴーといいます。」
私「別に聞いてませんが。」
トーゴーさん「あなた何してるの?引きこもり?あなたが遊んでる間にこっちは嫌な思いして税金納めてるんだよ」
私「別に私もあなたより税金納めてるとおもいますが。」
トーゴーさん「へぇ。そんないい会社勤めてるの?どこ?富士フィルム?造幣局?」
私「どこでもいいじゃないですか?あなたに関係無いでしょう?」
トーゴーさん「俺より税金納めてるんだろ!俺は間中病院で看護師してるんだ
私「( ゚д゚)ポカーン」
私(こいつ医療従事者なのに、いきなり人を自閉症とか言った上、頭がオカシイとか言ったのか?なんだろ、間中病院じゃ、患者を病気で差別するんかね?)

しばらく待っても警察は来ず、その内に嫁から電話が。
私が電話に出て話をしているとトーゴーさんは後ろで、
トーゴーさん「友達と電話なんかしてないで警察を呼んだらどうだ?」
しばらく無視をして嫁に状況説明して先に帰るように伝えました。
トーゴーさん「なんなら俺が警察呼ぼうか?」
私「どうぞ。呼んでください。」
トーゴーさん「あれ、かからねぇや」
私「( ゚Д゚)ハァ?警察にかからないって電話代払ってんですか?」
トーゴーさん「ははは 電話代払ってるかってか?」
トーゴーさん「舐めんじゃねぇぞ!!」
私「脅しですか?」
トーゴーさん「上等だ、録音でもしてみろや!」

いやー 録音できる機器を持っていなかったことを本当に悔やみました(´;ω;`)ウッ・・・

さすがに警察がなかなか来ないので再度電話を
その時は既に12/18の0時でした・・・

私「先ほど電話したものですけど、まだでしょうか?」
警察「地元の警察には伝えましたので、もう行くと思いますが?」
私「車に入りたいのに入り口塞がれて寒い思いしてるんですよね」
警察「スイマセン。急がせますので、もうしばらくお待ちください。」

まあ、警察の方が悪いわけじゃないのですが、こっちもイライラが溜まってたので、思わず嫌味に
警察の人 (*_ _)人ゴメンナサイ

さて、そうこうするうちにようやく警官が到着です。

警察の方に事情説明しようとすると・・・

トーゴーさん「自転車で走ってたらライト上向きにされたので・・・。」
警官「まあ ライトは上向きにするのが本来は普通だからねー。最近、ようやく運転手にも理解される様になったけど」
トーゴーさん「あっ、えっ、いやライトで照らされて眩しかったので停車したんです。」
警官「お酒は飲んでないよね」
私「飲んでませんよ」
トーゴーさん「忘年会だったので、飲んで自転車で帰る途中で・・・」
警官「ダメだよ! 自転車でもお酒飲んで乗っちゃダメなんだよ」
トーゴーさん「あっ、えっと」
警官「まあ、ソレは今はいいや」
警官「取り敢えず、呼ばれてきたので証明書あったら見せて」
トーゴーさん「免許証ならあります。間中病院でで看護師してます」
私「どうぞ」(免許証を差し出し)

しかし、トーゴーさん情弱にも程がありすぎるwwww
自分から飲酒運転バラすわ、ライトの上向き知らないわ

そんな感じでトーゴーさんがシドロモドロになっているとタクシーがこちらに向かって来ました。
私「あ、車端に寄せますんで」
警官「そうだね。 こんなところに止めておいてもね・・・」

と、そのタクシーから嫁が・・・

嫁「どうしたの?」

私「ん?絡まれたから警察呼んできてもらった。」
警官「家族の方?」
私「妻です。駅に迎えに行く途中だったので。」
警官「あぁ。なるほど。」

警官のかたがトーゴーさんに向かって、
警官「相手の方もう帰ってもらっていい?」
トーゴーさん「いや、私が注意したら警察を呼ぶと言い出したので」
私(いやいや、お前がイチャモンつけて人の邪魔しといて、自分は悪くないかよ!!)
警官「相手も帰っていいって言ってるんで 行っていいですよ」
警官こそっと「まっすぐ帰らないで、どこか寄ってから帰るようにしたほうがいいですよ」

てなわけで、途中でコンビニによって家に帰ったわけですが。

今思い出しても腹立たしい!!!

ホント、今からでも病院に電話して文句を言ってやりたいぐらいです。

途中の経緯は端折ったのですが、私は名刺も渡してるしこっちの所在を明らかにしたら
相手は急に静かになりましたけどね。

まあ、私が病気になっても小田原の間中病院に行くことはありえませんね。

病人を差別するような看護師がいるところに行ったら、どんなことをされるやら。
頭痛外来があって評判はなかなか良いみたいですが、医師がどんなによくても
サポートする人間があれじゃ行く気にはなりませんね。

別にお金を取らないまでも、相手を社会的に懲らしめることはできないものか?
まあ、私達が帰った後、飲酒運転などで怒られたかもしれませんが、その程度じゃな腹の虫が収まらないしなー。
勤務先に、知れ渡って懲戒処分食らうぐらいじゃないとね。

まあ、勤務先の間中病院ももう少し従業員の教育をしたほうがいいんじゃね?
せめて、法律ぐらい教えておけwww
自転車でも飲酒運転禁止をしらないとかありえんしw

すこし、すっきりしたかも。

今日はこの辺で。

※今回の話はフィクションかもしれません
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

McDermott

MMO Redstoneの青鯖で活動していました。
現在は3年ほど放置。復帰の予定もないため、2017年から釣りブログに変更予定。
なのですが、飽きっぽいのでいつまで続くかは不明です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。